29年度 税制改正大綱 – 平成29年度税制改正大綱|EY税理士法人

第一 平成29年度税制改正の基本的考え方 安倍内閣はこの4年間、デフレ脱却と経済再生を最重要課題として取り組んできた。有効求人倍率は 25 年ぶりの高水準、失業率は 21 年ぶりの低水準、賃金引上げ率は3年連続で今世紀最高水準(2%水準)となるなど

(参考1)平成29年度の税制改正(内国税関係)による増減収見込額 (参考2)平成29年度の税制改正(地方税関係)による増減収見込額 わが国の税制の概要

毎年度の税制改正 税制をめぐる最近の動き 税制改正の概要

各年度別の税制改正の内容(※HTML版、PDF版とも同一内容) ※平成29年度以前については、こちら(国立国会図書館にリンク)からご覧ください

平成29年度税制改正の大綱(1/8) 我が国経済の成長力の底上げのため、就業調整を意識しなくて済む仕組みを構築する観点から配偶者控除・配偶者特別控除の見直しを行うとともに、経済の好循環を促す観点から研究開発税制及び所得拡大促進税制の見直し

平成28年12月8日、与党より平成29年度与党税制改正大綱が公表された。 大綱では、企業の「攻めの投資」や賃上げの促進など経済の好循環を促す取組みを進めるため、研究開発税制や所得拡大促進税制の見直し、コーポレートガバナンス改革・事業再編の環境整備が行われることとされている。

[PDF]

平成29年度税制改正の大綱の概要 (平成28年12月22日 閣議決定) 我が国経済の成長力の底上げのため、就業調整を意識しなくて済む仕組みを構築す る観点から配偶者控除・配偶者特別控除の見直しを行うとともに、経済の好循環を促

(注)上記の改正は、平成30年度から新たに課税されることとなる居住用超高層建築物(平成29年4月1日前に売買契約が締結された住戸を含むものを除く。)について適用する。 4 災害に関する税制上の措置 (国税) 〈相続税・贈与税〉

平成29年度税制改正の大綱(平成28年12月22日閣議決定) 平成29年度税制改正の大綱(平成28年12月22日閣議決定)(概要) 平成29年度税制改正の概要(地方税) 平成29年度税制改正要望の状況; 税制改正

税制改正解説. 山田&パートナーズでは毎年の税制改正大綱公表に際し、いち早く解説しております。 また、全国で開催した税制改正セミナーのレジュメをもとに、政省令等の最新の情報を織り込んだ解説資料を作成しています。

平成28年12月22日に閣議決定された、平成29年度税制改正の大綱における農林水産分野の事項を取りまとめました。 平成29年度税制改正の大綱における農林水産関係の主要事項 1.新規・拡充事項

平成29年度税制改正案等のうち、総務省の主な要望に係る結果は下記のとおりです。 1総務省関連平成29年度税制改正案 結果のポイント (1)過疎地域における事業用設備等に係る特別償却(参考1) 過疎地域における雇用の

[PDF]

(注)平成28年度税制改正大綱の記述から変更はない 【参考】平成29年度税制改正大綱 ※税制改正大綱の検討事項に記載されているもの 要望項目(証券界要望のうち自民党部会重点要望項目とされたもの)

平成28年12月22日 金融庁. 平成29年度税制改正大綱における金融庁関係の主要項目について. 平成28年12月22日(木)に閣議決定された平成29年度税制改正大綱における金融庁関係の主要項目の概要は以下

平成29年度厚生労働省関係税制改正について (厚生労働省ホームページ内「報道発表資料」より) 平成29年度厚生労働省税制改正要望について (厚生労働省ホームページ内「報道発表資料」より)

[PDF]

平成 9 2 年度与党税制改正大綱第一章「平成 9 2 方」(抄) 年度税制改正の基本的考え 「 現行の a s i n 少額 、 観点から る 支援す 資産形成を 家計の安定的な 、 え 踏ま を と こ くい に 利用し が積立型の投

平成31年度税制改正大綱 「年金改革法」及び「受給資格期間短縮法」について 「令和元年台風第19号」等 被害に対する政府への緊急申し入れ; 第200回臨時国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説(全文) 役員連絡会後 二階幹事長記者会見

平成29年度与党税制改正大綱における、中小企業・小規模事業者に関する税制改正の概要を公表します。 (メールによるお問い合わせの際は、電話番号も差し支えなければご記入ください

平成28年12月8日、自民・公明両党は平成29年度税制改正大綱を決定しました。 安倍内閣の「働きかた改革」の推進に向け個人所得課税改革の第一弾として配偶者控除の年収要件を引き上げました。

税制改正大綱って? その中身と公表までのスケジュール

Dec 16, 2016 · 自由民主党・公明党両党は、2016年12月8 日に、平成29年度税制改正大綱(以下「2017年度税制改正大綱」)を決定しました。2017年税制改正大綱では、日本全体の成長力の底上げのため、企業の「攻めの投資」及び賃上げを

[PDF]

政権与党による平成29年度税制改正大綱が昨 年(平成28年)12月8日に公表された。平成29年 度税制改正においては、現行の配偶者控除制度 が女性の社会進出の妨げになっているのではな いかという問題意識からその廃止等の是非が議

[PDF]

平成28年12月8日に平成29年度税制改正大綱(以下 「大綱」)が公表され、同22日に閣議決定された。 大綱では、企業の「攻めの投資」や賃上げの促進など

新聞等で内容を見られた方も多いと思いますが、昨日平成29年度与党税制改正大綱(以下「大綱」)が発表されました。 平成29年度税制改正大綱 配偶者控除の見直しなど主要な項目についてはいろいろな方やメディアが取り上げると思いますので

Apr 27, 2017 · 税制改正. 2017年4月27日. 最新版 平成29年度税制改正解説. 山田グループでは、毎年、税制改正大綱をもとに税制改正セミナーを開催しています。 そのセミナーで使用したレジュメをもとに、政省令等の最新情報を織り込んだ解説資料を作成しました。

[PDF]

の対応を要する税制改正事項の検討を進めてきました。その検討を集約したも のが、以下に示す「平成24 年度税制改正大綱」です。今後、本大綱に基づい て、平成24年度税制改正を速やかに実施に移していく必要があります。

Dec 09, 2016 · <平成29年度税制改正セミナーの全国開催> 山田グループでは、毎年、税制改正大綱をもとに税制改正セミナーを開催しています。 本年度は平成29年2月7日の東京開催を皮切りに、全国38都道府県で計42回開催いたしました。

[PDF]

平成29年度税制改正の大綱 平成28年12月22日 閣議決定 我が国経済の成長力の底上げのため、就業調整を意識しなくて済む仕組みを構築 する観点から配偶者控除・配偶者特別控除の見直しを行うとともに、

[PDF]

税制調査会は、昨年の政権交代を機に、政府において権限と責任を有する政 治家が我が国の税制を決定する透明な仕組みとして新たに設置されました。新 体制において最初にとりまとめられた「平成22年度税制改正大綱」では、納

[PDF]

また、税制改正も、決定過程が極めて不透明であり、結果として一 部の人や組織に恩典を与えているのではないかという、納税者の立場か ら見て公平性が大いに疑われるような形になってしまいました。

平成29年税制改正大綱(資産税関連)の解説. 2016年12月に平成29年度の税制改正大綱が発表されました。この記事では改正大綱項目の中でも相続税や所得税といった資産税関連について解説していきます。

平成29年12月14日に、与党(自由民主党・公明党)による「平成30年度税制改正大綱(以下、「大綱」)」が公表されました。本ニュースレターにおいては、大綱で明らかにされた、法人課税、国際課税等における主要な改正・見直し事項の概要を説明します。

平成28年12月8日に、平成29年度与党税制改正大綱が公表されました。 以下、大綱で明らかにされた主要な改正・見直し項目の概要を説明します。

2016年12月22日に平成29年度税制改正の大綱について閣議決定されました。相続税・事業承継が関わるものを中心に、税制改正の内容について概要を解説します。 また、2018年(平成30年)税制改正大綱による相続税改正については、こちらをご覧ください。

[PDF]

平成29年度税制改正に関する要望と与党税制改正大綱の結果 ※平成31年度から、「法人税関係の中小企業向けの各租税特別措置について、平均所得金額が年15億円を超える事業年度の適用を停止する措置を講ずる」とされた。 平成28年12月22日閣議決定

2016年12月8日に与党(自民党・公明党)が出した平成29年度(2017年度)税制改正大綱を、中小企業に関連のありそうな点を抜粋してまとめました。そもそもどんな制度なのかもざっくり解説しています。個人的に興味のあったところもついでに言及しています。

平成29年度税制改正大綱にタックスヘイブン対策税制の改正が含まれています。主な改正点は①合算対象とされる外国法人の判定方法の見直し、②適用除外基準の見直し(経済活動基準)、③資産性所得(受動的所得)の見直し、④特定の外国関係会社(ペーパーカンパニー、ブラックリスト

前回は、中古の海外不動産での減価償却費を活用した節税スキームに関し、会計検査院が疑問を呈した件について紹介しました。今回は、平成29年度税制改正大綱(平成28年12月8日発表)において、相続税・贈与税の納税義務者の見直しが明記された箇所の、最も重要な改正部分について解説し

昨日(2016年12月8日)に公表された与党による平成29年度税制改正大綱によると、スクイーズアウトが組織再編税制に組み込まれることとなり、適格要件を満たす場合には、連結納税の開始又は加入時の

税制改正 最新版 平成29年度税制改正解説; 2016年12月9日 税制改正 速報 平成29年度税制改正解説(大綱) 2015年12月17日 税制改正 速報 平成28年度税制改正解説(大綱) 2015年12月11日 税制改正 速報 平成28年度税制改正解説(大綱案) 2015年1月6日 税制改正 速報 平成27年度

[PDF]

平成29年度税制改正大綱~法人税~ 平成29年税制改正大綱が、平成28年12月8日に公表されました。 その改正内容のうち、法人税の改正の概要についてお知らせいたします。

(8)県費負担教職員に係る給与負担事務の移譲に伴う指定都市所在道府県から指定都市への税源移譲 ① 個人住民税所得割の標準税率等 イ 指定都市に住所を有する者について、個人住民税所得割の標準税率を次のように改める。 現 行 改 正 案 道府県民税 4% 2% 市民税 6% 8%

税制改正概要 ・国土交通省税制改正要望 結果概要(平成28年12月8日) ・平成29年度国土交通省税制改正概要 ・平成29年度税制改正 問合せ先一覧 税制改正要望 ・税制改正要望(主要事項)の概要(平成28年8月29日) ・税制改正 問合せ先一覧

12月8日に公表された「平成29年度与党税制改正大綱」(与党大綱)には、資本金1億円以下の中小企業に対する課税強化策が明示された。「8 その他の租税特別措置等」の縮減とされる項目の(14)として、以下の記述がある(大綱90ページ)。

[PDF]

1 平成29年度の与党税制改正大綱(12月8日決定)のうち、地方税の概要は以下のとおり。 配偶者控除・配偶者特別控除の見直し(平成31年度分個人住民税~) 就業調整をめぐる喫緊の課題に対応するため、配偶者特別控除について、所

[PDF]

資促進税制の拡充等 平成29年4月1日から 平成31年3月31日まで の間に取得等したもの 1.法人課税 中小企業 投資促進税制 上乗せ措置 【改正前】 中小企業 投資促進税制 中小企業 経営強化税制

本日発表された税制改正大綱をまとめましたさて、本日、平成29年度税制改正大綱が発表されました。主に個人の生活と中小企業経営に関わるものをピックアップしてみました。速報版なので、ミス等ありましたらご指摘いただければ幸いです。平成29年度税制改正項目1.配偶者控除等の見直し(1

平成28年12月8日に、政府与党(自由民主党・公明党)による「平成29年度税制改正大綱(以下、大綱)」が公表されました。 本ニュースレターにおいては、大綱で明らかにされた、法人課税、国際課税等における主要な改正・見直し事項の概要を説明します。

財務省|平成 29 年度税制改正の大綱; 税制改正以外にも税金に関する議論・審議は行われている. このように毎年実施されている税制改正のほかに「消費税増税」といった例外的に議論・審議が行われているものもあります。

平成28年度税制改正大綱. 2015年12月16日 自由民主党 公明党

[PDF]

平成30年度税制改正について -税制改正大綱における金融庁関係の主要項目-平成29年12月 金融庁

平成29年度税制改正の大綱. 2017年01月13日 更新. 相川 聡志. 平成28年12月22日に閣議決定されました「平成29年度税制改正の大綱」について記載します。

2017年12月14日に、2018年度(平成30年度)与党税制改正大綱が公表されました。安倍内閣が過去5年間デフレ脱却と経済再生を最重要課題として取り組んできた経済の成長軌道を確かなものとするために、生産性革命・人づくり革命を後押しする税制上の措置が盛り込まれています。

流し読み 与党税制改正大綱2020年度 資産課税 2019年12月15日; 流し読み 個人所得課税 与党税制改正大綱2020年度 2019年12月14日; 流し読み 大企業優遇税制 ベンチャー甘やかし税制 与党税制改正大綱2020年度 2019年12月13日

[PDF]

%等⇒平成29年度:廃止(平成28年度税制改正法案において明確 化)) ・環境関連投資促進税制の見直し(売電用の太陽光発電設備の除外等) ・雇用促進税制の見直し(対象地域・対象雇用者の限定) 等 . 地方法人課税の偏在是正(平成29年度~)

平成29年12月14日に、平成30年度与党税制改正大綱が公表されました。以下、大綱で明らかにされた主要な改正・見直し項目の概要を説明します。なお、今後の国会における法案審議の過程において、一部項目の修正・削除・追加などが行われる可能性があることにご留意ください。

平成29年度税制改正大綱から海運業界を念頭に置いた法人税の主要事項についてまとめています。中でも外国子会社合算税制については、仕組船会社以外の一定の外国子会社と、新別表への対応等一定の申告手続きに対して影響があるものと想定されます。

[PDF]

平成25年度税制改正大綱 個人に関する税制 ★ ★ ★ ★ 資産に関する税制 ★ (平成27年分以後適用) 現行制度 5,000万円+(1,000万円×法定相続人数) 改正後 3,000万円+(600万円×法定相続人数) 基礎控除 平成25年度税制改正大綱が本年1月24日に決定されました 。

平成29年度税制改正大綱 医療機関編. 昨年末に閣議決定された「平成29年度税制改正大綱 ※ 」。 財務省の他、厚生労働省等の府省庁からも改正事項の解説資料が公表されています。

平成29年12月14日: 平成30年度税制改正大綱(自由民主党・公明党) 自由民主党hpより(583kb) 平成28年12月8日: 平成29年度税制改正大綱(自由民主党・公明党) 自由民主党hpより(928kb) 平成27年12月16日: 平成28年度税制改正大綱(自由民主党・公明党)